院内設備と感染予防対策

HOME ≫ 院内設備と感染予防対策

院内設備のご案内

浦和パルコデンタルクリニックでは、院内をいつもクリーンに保つことが、とても大切だと考えています。
患者様がご来院されて、リラックスしてお待ちいただけるスペース、気持ちよく治療を受けていただくスペース、そして私たちスタッフが楽しく医療に従事できるスペース。
これらをクリアするために、毎日を徹底した医院管理を行なっています。


感染予防対策について

感染予防対策には、感染経路を絶つことと、常に滅菌を行なっていくことが重要です。
浦和パルコデンタルクリニックでは、歯科用器具の滅菌消毒・手洗いの励行・マスクや手袋の着用などはもちろんのこと、院内感染を予防するために注射針なども使い捨てにしています。
また、患者様が安全に治療を受けていただけるような設備の充実も行なっています。

徹底した滅菌処理

患者様に使用する器具類のほとんどは、オートクレーブという高圧蒸気滅菌器を使用して滅菌しています。
滅菌できないものについては、薬液消毒を行なって、常に清潔な状態を維持できるよう心掛けています。

治療器具は治療直前に開封

治療器具は滅菌処理後も必ず滅菌パックにいれて保存し、使用直前に開封することで、院内感染予防に配慮した歯科治療を行なっています。

ディスポーザブル製品

ディスポーザブルとは1回限りで使い捨てるものをいいます。
浦和パルコデンタルクリニックでは、歯科医師・歯科衛生士の使用するラテックスグローブ(手袋)、マスクなどについても、患者様ごとに必ず取り替えています。

デジタル・レントゲン・システム

従来のレントゲンに比べて人体に受ける放射線の量が1/3程度、人体に優しいレントゲンシステムです。
現像時間も必要ないので、撮影から説明までの待ち時間が大幅に短縮。院内LANにより各チェアにあるモニタにてレントゲン画像を映し出し、解り易く説明します。

安全な歯科治療のための機器類

浦和パルコデンタルクリニックでは、安全な歯科治療のために、パルスオキシメーターを完備し、心電図・呼吸数・血圧・酸素飽和度などのリスク管理を徹底しています

表面麻酔薬と電動注射器

麻酔注射の前に表面麻酔を使用します。これにより注射針挿入時の痛みを軽減できます。
電動注射器を使い、ゆっくりと麻酔液を注入することによって痛みを抑え、麻酔液の量を減らすこともできます。小さなお子様でもスムーズに麻酔することが可能です。